ぶかぶかの服

2018/01/06

ぶかぶかの服が昔から好きだった。



ちんちくりんになるのは嫌だった。



身体にフィットしていようがいまいが関係なく、身の丈よりも大きなものに身を委ねる方が心地よかった。



その性向は今も変わらない。



しかし、



服装に関しては少し考えが変わったかもしれない。



流行もあるだろう。



それでも身体にぴっちりしたものよりは多少ゆったり目の方を好んで身につけるのは変わらない。



多分成長の余地を残しておきたいから。



身体にぴったりすぎるとそれが完成形だと思ってしまうから。



身体にはそれなりに合った服装が望ましいけれど、



心にはいつもぶかぶかの服を着せ続けたい。